日々の生活でのお役立ち情報や困ったことを解決するための情報配信サイト

menu

生活便り

バターとマーガリンの違い|代用はできる?

スポンサードリンク

バターとマーガリンは見た目は非常に似ていて
味もそんなに変わりませんよね。

2つの製品の違いはどこなのでしょうか?
また、マーガリンでバターの代用はできるのでしょうか?

ここではバターとマーガリンの違いや
代用できるのかどうか、また健康に良くないのはどちらなのか?
などについて書いていますので参考にしてみて下さい。

バターとマーガリンの違い

バターとマーガリンの違いで一番最たるものが原料です。

バターは生乳から作られ、マーガリンは植物油から作られます
つまりバターは動物性マーガリンは植物性ということになります。

また、バターよりもマーガリンが含まれている水分が多いようです。
この辺りが後述しますが、バターの代用に大きく影響します。

またバターとマーガリンの違いで、誰にでもすぐにピンとくるのが
店頭での価格ですよね。

ご存知のように、マーガリンが非常に安いです。
もし、マーガリンでバターの代用が完璧にできるならば
経費削減にもなりますよね。

バターをマーガリンで代用はできる?

価格が安いマーガリンですが、
バターの代用として使用できるならば、
かなりの節約にもなりますよね。

結果からいえば、普通のマーガリンは
バターの代用にはあまりならないようです。

それは、含まれる水分が多いのが原因のようです。
クッキーなどを作るとベチャっとしてしまうからです。

ただ、プロの料理研究家の人たちはマーガリンで
パンやケーキ、クッキーなどを作っているのようですが、
ベチャとはならす、むしろ風味などはバターを使うよりも良いそうです。

それは同じマーガリンでもコンパウンドマーガリン
使っているからです。

コンパウンドマーガリンとは、マーガリンにバターを混ぜたもので
バターの代用として使われるようで、今人気となっているようですね。

ただコンパウンドマーガリンでも水分含有率から
焦がしバターをするのには
向いていないようです。

バターとマーガリン!健康に良いのはどっち?

ここまでバターとマーガリンについて違いや代用できるかどうかについて
書いてきました。

バターよりも安いマーガリンで代用できるなら
そちらの方が良いけど、実際に健康に良いものはどちらなのでしょうか?

マーガリンには、体い悪いとされるトランス脂肪酸
という成分が含まれています。

トランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増加させ
色んな病気につながります。
最悪、癌にもなるようです。

そのためか、医者が食べたくないランキングに
マーガリンはランクインしているくらいです。

ただ、マーガリンを食べることは絶対にダメなのか?
と言われるとそうでもないと思います。

つまり、頻繁に食べすぎるとそれだけトランス脂肪酸を
摂ることになるので、そういうことを避ければ良いと思います。

またバターでもマーガリンでも高脂肪にはかわりないので
どちらも摂り過ぎは間違いなく体には良くないでしょう。

まとめ

バターとマーガリンの違いは生乳が減量か
植物油が減量化による。

マーガリンでバターの代用はできるが、コンパウンドマーガリンが良い。

健康に良くないのはマーガリンだけど、摂りすぎなければ
さほど問題はない。

バターも高脂肪なので、摂り過ぎは健康によくない。

[`buzzurl` not found]
Buzz This
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク