日々の生活でのお役立ち情報や困ったことを解決するための情報配信サイト

menu

生活便り

歯磨き|朝するタイミングはいつ?

スポンサードリンク

毎朝の歯磨きは、すでに私たちにとっては
習慣となってますよね。

口臭や虫歯予防には欠かせない歯磨きですが、
朝の歯磨きはどのタイミングでするのが一番良いのか迷いますよね。

朝食の前?それとも朝食後?
ここでは朝の歯磨きのベストなタイミングややり方について書いていますので
参考にしてみて下さい。

歯磨きのタイミング

歯磨き粉

食後は食べカスが歯垢となり、それが虫歯の原因になっています
それで歯垢ができないように、食べカスを取り除く必要があるのです。

したがって、歯磨きの一番良いタイミングは食後
ということになります。

ただ、食後は口の中が酸性になっており
そのまま歯磨きをすれば歯の表面を傷めることになります。

なので、食後30分ほど経過してからの方が良いと言われています。

では、朝の歯磨きも食後が一番良いタイミングなのでしょうか?

朝の歯磨きのベストなタイミング

水を飲む女性

寝ているときって、実は口の中には菌がたくさん
繁殖しています。

なので、歯と歯の間やかみ合わせ部分、歯周ポケットには
歯垢がかなりくっついています
これは夜に歯磨きをしても程度の差はあってもできるようです。

そんな状態で食事するということは、
口の中の環境を悪化させることになります。

したがって、朝起きたら食べる前に、まずはくっ付いている歯垢をとること
が大事になるわけです。

つまり朝の歯磨きのベストなタイミングは食事前ということです。

そして一番良い朝の歯磨きは、食後もする
ということになります。

ただ、食後の歯磨きでは、
歯磨き粉を付けなくても良いそうです。

軽くブラシングして、食べカスを取れば良い
と歯科医も言っています。

でも歯磨き粉には色んな成分が入っていますよね。
人体には何ら影響はないのでしょうか?

歯磨き粉の人体への影響は?

20120228142026-1S

歯磨き粉には研磨剤発泡剤が入っています。
まだ、虫歯予防のためにフッ素が入っているのが普通です。

研磨剤は歯の表面を傷つけ、そこから傷むようになる
と言われています。

発泡剤の成分はラウリル硫酸ナトリウムなのですが
以前は人体に有害であると言われてました。
でも、最近では有害だったのは不純物として含まれていた
別の物質だったことがわかっています。

それでもラウリル硫酸ナトリウムが無害である
という研究成果はないそうです。
さらにこの成分は舌の味覚細胞を傷つけるとも言われています。

また、虫歯予防のために入っているフッ素は
有害物質として排水基準法で規制値が定められています

このような成分が入っている歯磨き粉なのに
毎日使っていて本当に大丈夫?
と思うのも無理はありません。

そこで知ってもらいたいのは、
人体に無害な化学物質はないということです。

例えば、亜鉛という重金属は体の必修元素の1つ
毎日摂取しないければ、体に不調を来たします。

しかし亜鉛も有害物質として水質汚濁防止法で
規制されている
のです。

つまりどんなに無害と思われている化学物質も
摂り過ぎれば有害になるというわけです

フッ素の仲間の塩素は、水道水に入っています。
肝心なのは、これらの成分はきちんとした理由や意味があって入っており、
人体に無害な量で使用されれば、リスクよりも大きな効果がある
ということです。

ということは、研磨剤や発泡剤もきちんとした理由あり
人体に無害な濃度で入っているということです。

どうしても気になるなら発泡剤などが入っていない歯磨き粉もあるので
それを使用すれば良いだけなのです。

歯の汚れや食べカスは有機物です。
それらを落とすには、やっぱり有機物を落とす石鹸の役割をする
発泡剤が入った歯磨き粉は有効だと思いますよ。

その後のフッ素が人体へ及ぼす研究によると
フッ素入りの歯磨き粉ではフッ素による
急性中毒はないようですが、恒久的な摂取により
特に子供は骨肉腫がんダウン症注意欠如多動性障害などの
リスクがあるようです

なので、フッ素入り歯磨き粉は
子供や子供を産もうと思っている女性は避けた方が良いかもしれません。

まとめ

朝の歯磨きは食事前にしっかりとし、食後は歯磨き粉を付けないで
歯磨きしても良い。

歯磨き粉には研磨剤、発泡税が入っており
歯に付いた食べカスや歯垢を落とすには有効な成分である。

研磨剤、発泡剤、フッ素は人体に影響がない濃度で入っている。

[`buzzurl` not found]
Buzz This
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク