日々の生活でのお役立ち情報や困ったことを解決するための情報配信サイト

menu

生活便り

消毒に適しているのは塩化ベンザルコニウム?エタノール?

スポンサードリンク

消毒するときに良く使用するのは
エタノールや塩化ベンザルコニウムの液か
それらが含有された製品ですよね。

中には、両方が入ったものまで
あるようです。

私たちが良く使用するエタノールや塩化ベンザルコニウムは
どちらが優れているのでしょうか?

ここでは、それぞれの使い方や効果、
消毒にどちらが優れているのかについて書いていますので
参考にしてみて下さい。

エタノールと塩化ベンザルコニウムの違い

塩化ベンザルコニウム

エタノールはお酒にも入っているアルコールで、
殺菌力が高く人体への影響が少ないので消毒として使用しています。

時間が経つとすぐに蒸発してなくなるのが特徴です。
アルコールが皮膚に付くと「スー」っとして
冷たく感じますよね。

それはアルコールが蒸発するときに
皮膚の表面の温度を奪うから冷たく感じるのです

塩化ベンザルコニウムは消毒効果だけでなく
洗浄効果もあるようですね。

それで皮膚・粘膜の創傷部分や感染症の皮膚部分の
洗浄と消毒を兼ねて使用されるようです。

使い方と効果

使い方と効果
エタノールは100%のままでは消毒の効果はありません。
かならず70~90%に薄めて使用します。

一番使いやすい方法は、霧吹きなど手動ポンプ式の容器で
使用することでしょう。

またお酒にも入っているくらいですから
人体への毒性はそれほど強くはありません。
したがって、使用後に洗う必要はありません。

エタノールは多くのウィルスや細菌に対して
消毒効果があります

一方、塩化ベンザルコニウムは人体への影響が強いので
かなり薄めて使用します。

人体へ使用する場合は、0.01%~0.2%に薄めて使用します。
手指が0.2%程度で、傷口付近が.01%~0.02%で使用するそうです。

塩化ベンザルコニウムは主に医療で使用されており
ウィルスには効果がないので家庭で使用することはほぼないでしょう。

つまり、傷口や医療器具、病院内の消毒に使用すものであって
家庭でノロウィルスやインフルエンザの予防には使用できない
ということです

また、食器などの消毒にも毒性が強いので
しない方が無難でしょう。

ただ、細菌には効果があるので、カビを落とすのには
効果があるでしょう。

したがって、家庭でインフルエンザ、ノロウィルスなどの
予防で使用するならエタノールが良いと言えます

塩化ベンザルコニウムはファブリーズの代わりになるのか?

塩化ベンザルコニウムはオスバンという商品名で
売られています。

しかもかなり薄めて使用するので
1本オスバンを買うとかなり長持ちするんですね。

それでファブリーズの代わりに使えないか?
と考える人がいるようです。

ファブリーズって結構使うので
もし代わりになるのであれば、かなり助かりますよね。

結論からいうと、消毒の効果はあるけど
先述したように毒性が強いので家庭での使用はしない方が良いです。

やっぱり、お金よりも健康が第一ですから。

[`buzzurl` not found]
Buzz This
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク