日々の生活でのお役立ち情報や困ったことを解決するための情報配信サイト

menu

生活便り

肩こり 首こりからくる頭痛の解消法|あることを改善するだけでスッキリ爽快

スポンサードリンク

肩こりや首こりって結構きつかったりします。
しかも頭痛を伴ってくると、流石に折れます。

でも、肩こりや首こりはあることをすれば
きちんと改善され、また症状がなるべく出ないように
出ても軽減する方法があります。

ここでは、私も実際にやっている首こり、肩こり解消法、
さらに改善方法まで書いていますので参考にしてみて下さい。

肩こりと首こりの主な原因

肩こり
肩こりと首こりの主な原因は、
体に何か支障を来たしていない限り、ほぼ筋肉の緊張(疲れ)によるものです。

つまり、長時間同じ姿勢や悪い姿勢を続けるなど
筋肉を通常とは違う形で酷使したときに起こります。

そのとき、筋肉の緊張が高ければ
頭痛を併発することが多いようです。
緊張型肩こりともいうようです。

この場合の頭痛は頭後ろから首にかけて起こるようです。

人は重い頭を細い首で支えています
したがって、長いこと同じ姿勢でいたり、悪い姿勢だと
首や肩に負担がかかり「こり」になり、酷いと頭痛にもなるわけです。

さらに酷くなると頭痛で吐き気を催す人もいます。

首や肩の筋肉が緊張する原因は上にあげたように
長時間、保持した姿勢や悪い姿勢のためです。

とくに猫背など首に負担がかかる姿勢の人は
肩こりと首こりが起こるようです。

また女性の場合は筋肉の量が男性よりも少ないですよね。
そのため、肩こりや首こりで悩む女性は男性の1.5倍になるとか。

さらに女性には冷え症の方が多いですよね。
冷え症で血流が悪くなり老廃物がたまり
それで肩こり、首こりの原因の1つになっているようです。

肩こりと首こりの解消法と改善方法

首
肩こり、首こりは悪い姿勢や同じ姿勢を長く続けたことによる
筋肉の疲れが原因なので解消するには筋肉の疲れをとってあげることです。

私の場合はシップに頼るところが大きいです。
さらに、整形外科、整骨院などでの治療も効果が大きいです。

電気治療や首を機械で引っ張る治療は
非常に気持ちがよく、治療後は肩こり、首こりがなく気持ち良いですよ。

続けていると結構、こりがほぐれてくるのですが
大事なのは先生が良いというまで続けることです。

さらに肩こりと首こりの改善方法として先生がアドバイスをしてくれます。
私の場合もそうですが、大抵、姿勢を良くすることです。

とくにパソコンをしている人は、知らず知らずの内に
猫背になっています。

パソコン女子

この姿勢が肩こりと首こりの原因なのです。

姿勢を良くするには毎日を意識して取り組む必要があります。
それは知らず知らずに姿勢が悪くなっているからです。

最初は意識してても、仕事などに集中するにつれて
だんだん姿勢が崩れてきます。
だから、きちんと意識した状態でする必要があるのです。

骨格が原因で姿勢が悪いなら、整骨院などで矯正することも
1つの方法です。
矯正により、姿勢が改善された肩はたくさんいます。

自分でする簡単な方法は、板張り床で寝ることです。
それでかなり矯正されるようです。
ただし、冷たいのでするなら冬場は避けた方が良いです。

また、改善方法の1つに筋肉を付ける
という方法があります。

一番良いのは首に筋肉を付けることです。
でも、そんなことはアスリートでもない私たちにはできないし
1人で首の筋トレをすると危険ですよね。

だから、肩に筋肉を付けるのです。

肩に筋肉を付けることで、首の負担を減らすことができるようです。
このことは、私の行きつけの整形外科の先生が教えてくれたことです。

私たちにできそうな肩の筋トレは、腕立て伏せです。
何回もすることは難しいですが、ご心配なく。

1日に2,3回でも良いので、毎日やって下さいとのことでした。
それだけでもきちんと筋肉はついてくれるようです。

私たちが目指す筋肉の付き方は、別にアスリートのような
筋肉マンでなくて、肩こりと首こりを改善してくれる筋肉ですよね。

だから、筋肉もりもりになる必要はないのです。
ただ、今よりも少し付いてくれるだけで良いのですから。

また、肩こりなどからくる頭痛はこりを和らげると
痛みもなくなります。
なので、私の場合にはシップを貼っています。

特に酔っぱらって寝るとき、疲れて寝るときは
寝ているときの姿勢が悪いので、朝から肩や首がこって頭痛がするときがあります。

そんなときは、肩や首にシップを貼るかバンテリンのような
塗って使うシップを使うと、朝から頭痛がすることはほぼなくなります。

また、頭痛があまりにも酷い時は、鎮痛剤を飲んでいます。
我慢しすぎると吐き気もしますし、何より仕事にも支障が出ますから。
私の場合は副作用とかないので、バッファリンを飲んでいますが
寝るときにシップを貼ると、鎮痛剤は必要ありません。

あまり我慢しないで薬に頼るのも良いのではないでしょうか。
ただ、薬が気になる人は、病院で処方してもらった方が良いと思います。

でも、ずっとシップを貼ったり、鎮痛剤を飲み続けるのは
流石に嫌ですよね。

だから、そうならないためにも
肩に筋肉を付けたり姿勢を正すことで肩こり、首こりを改善する必要があるわけです。

まとめ

肩こり、首こりの原因は同じ姿勢を長い時間保ったり
悪い姿勢で肩や首の筋肉が疲れるからである。

肩こり、首こりを改善するには、姿勢を正しくしたり
肩に筋肉を付けるようにする。
整形外科、整骨院などでの治療も効果が大きい。

肩こり、首こりからくる頭痛を治すには
こりをほぐす。
シップや頭痛薬も効果的である。

[`buzzurl` not found]
Buzz This
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク